引越し手続き簡単ガイド♪
  1. HOME
  2. 引越し手続き

引越し 必要な手続きチェックリスト

引越しの際には転出、転入に伴い様々な諸手続が必要です。頭で考えるとどれから手をつけて良いのかパニック状態になってきますが、あらかじめ整理した上で順番に処理してゆくと、それほど難しくも面倒でもありませんので気楽に考えましょう。引越しの手続きは早めに届け出すれば期日指定できたりしますのでお得です。

引越しが決まったらすぐに行う手続き

転校届

【届け先】転出元、転入先の各学校長。各学校に専用用紙があります。
【転出】所定の書類を揃えて提出。
【転入】同上。

不用品処分、大型ゴミの処分

市町村役所またはクリーンセンターに持参するか、電話で収集依頼をする。地方により収集方法が異なり時間がかかることが多いので、引越しが決まったら早めに連絡、もしくはせっせと自力で運んで処分します。実はこれが一番やっかいなので、早めに済ませておけば後が楽ですし、荷物が減ると見積もりが安くなります。

引越し2週間前に行う手続き

住民票の移転・転出届

現住所の市町村役場に提出。本人または世帯主が、所定の用紙に記入。印鑑が必要。

国民年金、国民健康保険

現住所の市町村役場に提出。本人または家族が連絡。それぞれ国民年金手帳、国民健康保険証、印鑑が必要。

福祉関係(児童手当や年金)

現住所の市町村役場に提出。本人または家族が手続き。印鑑、転出証明が必要。

印鑑登録

現住所の市町村役場に提出。本人または代理人(委任状)が手続き。実印が必要。

金融機関届

銀行の窓口で、本人が所定用紙に記入。銀行届印が必要。

引越し1週間前に行う手続き

郵便物の転送届

最寄りの郵便局でハガキを入手。ハガキに記入して管轄郵便局宛に投函すると、本人宛の郵便のみを一年間転送してくれます。

電話の移転届

116に電話で連絡。インターネット回線を利用している場合、プロバイダーは別途変更申請する。

ガス、水道、電気

管轄の各社に電話で連絡します。請求書などに連絡先が記載されてます。

新聞などの料金精算

配達人に伝えるか電話連絡。

プロバイダーへ移転連絡

インターメット回線そのものは電話会社による固定電話の移転手続きで完了しますが、プロバイダーに登録されている住所・電話番号の変更手続きが必要です。ネット上の会員ページで変更するか、お客様サポートに電話して変更します。

引越し当日に行う手続き

水道開栓

引越当日に係員が来ます。本人または家族が手続き。印鑑、転出証明が必要。

ガス料金の清算

引越当日に係員が来ます。本人または代理人(委任状)が手続き。実印が必要。

電気料金の清算

引越当日に係員が来ます。本人が所定用紙に記入。銀行届印が必要。

引越し後に行う手続き

住民転入届、印鑑登録、国民年金、国民健康保険、福祉関係

新住所の市町村役場に出向き、専用用紙に記入して提出。本人または世帯主が転入14日以内に手続き。転出証明、印鑑が必要です。

金融機関への届出

銀行窓口に直接出向き、口座の住所変更などの申請書に記載、提出。

新聞

管轄の営業所に電話や配達員、勧誘員に連絡。(勧誘員待ってた方が優待は多い)

運転免許証の住所変更

最寄の警察署か運転免許センターに出向き、専用用紙に記入し提出。運転免許証の住所変更手続きは「無料」。「住所変更」は代理人でも可。(住民票や保険証などを持参)詳しくはこちら→ 運転免許証の住所変更手続き

自動車の登録変更

引越し先の陸運事務所に出向き専用用紙を記入し提出。本人または代理人(委任状)が転居後15日以内に手続き。車庫証明、車体検査、新住民票、実印、車が必要。

引越し手続き