引越し手続き簡単ガイド♪
  1. HOME
このサイトは、引越しが初めての方でも安心してお引越しできるようにと作られた情報サイトです。特定の引越し業者に誘導する目的で作られたものではありませんので安心してご利用下さい。多くの方がより円滑なお引越しができるよう、常に最新の情報を提供するよう情報収集に努め、更新しております。

業者に頼むか、自分で引越しするかの線引き

引越しイメージ結論から先に言いますと、引越し先が近所で荷物が少ない場合は自分で引越してしまった方が早いし安いです。この場合の「近所」とは、車で片道1時間以内で行ける範囲程度までのことで、高速道路を使わず、自家用車で3往復以内で運べる荷物量であれば安く済ますことが充分可能です。この範囲を超えるようであれば、業者に依頼してしまった方が安く済む場合が多いです。

友人知人に頼むと逆に高くつく

昔から引越しでよくある手段ですが、お礼を含めると今では逆に高くつくケースの方が多いようです。引越し料金は年々安くなってきてますので、お友達や友人がボランティアで手伝ってくれる。という以外は頼まない方が良いかもしれません。私も以前、この方法で引越しましたが、引越し後の食事代などを含めたら業者に頼んだ方が断然安くて後悔しました。

宅配便で送ってしまうという手もあります

大きな荷物があまり無い場合、ダンボールにまとめて宅配便で送ってしまうという引越し方法もあります。配送は期日指定もできますので、先に送っておいて掃除や後片付けを済ませ、引越し先で荷物を待つという事ができます。この場合は遠方になればなるほど高額になりますので、中距離での引越しの際に有効です。ダンボール10箱程度くらいまででしたら宅配業者さんも喜んで集荷してくれますが、それ以上になると嫌な顔されるので、適度な量に留めておいた方が良いです。一人暮らしの引越しには最適です。

引越し料金の相場っていくらくらい?

引越しは繁忙期と閑散期で料金体系が異なります。また、土曜日や祝日の前日に引越しする方が多いので、このタイミングで高くなります。少しでも安く引越しをしたい時は、閑散期や平日に引越した方が、20%~時には半額程度まで安くなることもあります。距離や荷物の量などにもよりますが、単身引越しなら5万円以下、2人家族なら10万円前後といった感じで、1人あたり5万円が引越し価格の相場のようです。あまり安いとサービスはそれなりですので、料金の安さをとるか、サービスの良さを取るかどちらかに腹をくくった方が良いと思います。

少しでも引越し料金を安くする方法は?

まず荷物の量を徹底的に減らすことです。自分で引越すにせよ、業者に依頼するにせよ、荷物の量が少ないことで大幅に料金を削減できます。

引越し業者は事前に訪れ見積もりをとってゆきますが、その際の見積もりは営業担当者の目分量です。営業担当者は「何トン車に積み込めるか?」ということを経験を元に測定し、料金を割り出しています。当日行ったら積み込めなかった!というトラブルを最も避けたいので、営業マンは実際よりかなり多目に見積もります。多くのお客様はこの余分な料金も支払っていることになります。

ですので引越しが決まった段階で荷物を整理し、不要品は先に処分し、本当に引越しに必要な最低限の荷物だけにしてから見積もりを依頼すると最安値で引越すことが可能になります。最近では不要品処分も同時に行う引越し業者もありますが、不要品処分費は無料でも、その運搬のために大きめのトラックを配車されていて、結局高額になったというケースも多いです。少しでも安くしたい場合は不用品は先に処分しておきましょう。

粗大ゴミ→ 地元のクリーンセンターなどに持ち込めば格安で処分できます。
自動車→ 運搬するより乗って行った方が安いです。もしくは中古車買取に出しましょう。
ちなみにうちの事務所の引越しの際は2t車1台分のゴミ処理が出ました。これが無料になるとかなりの節約になりますね。